現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

どう、選んだらいいのか?

家具工房 芽生 の商品はちゃぶ台だけ扱っておりますので、 「ちゃぶ台が欲しい!」だけでは、選ぶのに悩んでしまうと思います。

「何故、ちゃぶ台1つに、こんな種類たくさんあるの?」

確かに。 当社は自社生産工場なので、お客様の「こんなのが欲しい!」という声で 商品が増えていきました。そして未だに増え続けています。

  • ・好きな樹がありますか?(軽いとか、堅いとか、木目が好きとか、)
  • ・好きな脚のデザインがありますか?(太鼓脚・猫脚・ストレート等)
  • ・個性的なデザインをお望みですか?(お客様の声で生れたビーンズ型はいかがですか?)
  • ・一年通して、同じ場所に置きますか?(こたつタイプもありますよ。)
  • ・何人で使いますか?(何人座れる?のページを参照下さい。)
  • ・テーブルスペースは大きい方がいいですか?(1人2人増えても丸テーブルなら気になりませんよ。)

そんな観点からお選び頂けると良いと思います。

ただ、どのちゃぶ台でも共通することは
無垢材ならでは木目の流れ・節、ひとつとして同じものはありませんので、
どのちゃぶ台を選んで買っても1点ものとなることです。
 
そして、一つ一つが手作りだからこそ感じられる天板の滑らかな手触りからぬくもりを
感じていただけたら、選ばれたちゃぶ台は、ここに来るべきちゃぶ台だったと思われる
ことでしょう。
また、天然木だからこその魅カ! 時が経つ程に、使いこむ程に、増していく味わいを
家族みなさんで味わって下さい。

好きなちゃぶ台が見つかりますよう、下記のデザイン説明にて、よく吟味して下さいね。

木地の紹介はこちらをご覧ください。

天板縁のデザイン

皮付き(加工)

丸いちゃぶ台の場合、天板の一部を欠き、木の皮がついた様な風合いを再現しているデザイン。
通常の天板縁は凹凸がなく、つるつるとしているが、皮付き加工は凹凸を付け、触るとボコボコした感触を味わえる。
より自然な風合いを楽しむため、ちょっとした遊び心でつくられたデザインです。
皮付き部分は職人の気分で一つ一つ形が違ってきます。無垢材だからこそできる!そして手作りならでは加工と言えます。

皮付き加工
角縁(かくふち)

縁を丸く削らず、天板と直角に仕上げたデザイン。
シャープで現代的な印象になります。角は少し削り、手触りは滑らか。主に山桜の天板に使用。

角縁
丸縁(まるふち)

天板の縁を丸く仕上げたタイプ。
主にクリのちゃぶ台に使われている。
嫌みの無い自然な丸みが、やわらかく優しい印象になります。

丸縁

天板のデザイン

真円形(まえんけい)

「デザイン・特徴」
字の通りまん丸の円をした形。
脚を折りたたみ移動する時にコロコロと転がしやすいという密かな利点がある。
綺麗な弧を描く芽生の天板はちゃぶ台最大の魅力でもある。

真円形
正方形

「デザイン・特徴」
四つの辺が同じ長さの正方形。定番の形ながら飽きがこないシンプルなデザイン。細やかなサイズ指定も可能です。

正方形
正方形 R仕様(せいほうけいあーるしよう)

「デザイン・特徴」
正方形の四隅を野球ボール大のRを付けた「正方形 R仕様」。四角形だけれども四隅のRを大きくとったことで、優しくほっこりとしたテーブルに仕上がりました。
真円形の同じ大きさのもと比べると、ゆったりと使えます。

正方形 R仕様(せいほうけいあーるしよう)
長方形 

「デザイン・特徴」
四つの角は直角で、向かい合う編が同じ長さの形。
真円形のほっこりしたイメージに対して、長方形はシャープな印象。長い辺を皮付き加工にすると、とても自然味あふれるちゃぶ台に仕上がる。

長方形
長方形 R仕様(ちょうほうけいあーるしよう)

「デザイン・特徴」
正方形の四隅を野球ボール大のRを付けた「正方形 R仕様」。四角形だけれども四隅のRを大きくとったことで、優しくほっこりとしたテーブルに仕上がりました。
真円形の同じ大きさのもと比べると、ゆったりと使えます。

長方形 R仕様
八方形 (はっかっけい)

「デザイン・特徴」
正方形の角を切り落とし、八角形にした。
正方形に少しアクセントを加え、お洒落な雰囲気に仕上げている。

八方形
ビーンズ

「デザイン・特徴」
お豆の形をしたビーンズ型。
無垢材でこのような可愛らしい形の天板はなかなか見つからないと思いますよ。
お部屋がグッと個性的になる愛くるしい形です。

ビーンズ
三角形

「デザイン・特徴」
ユニークな正三角形の天板。
辺や角は少し丸みを帯びており、まるでお母さんが握ったおむすびのような優しい雰囲気に仕上がっている。
脚は3本です。

三角形

天板縁のデザイン

テーパー脚(TP脚)

下へ行くほど細くなっている、スッキリとしたデザイン。
シャープなイメージです。
脚の太さは天板の大きさによって異なります。
・天板直径80cm以下は5×5cm角
・天板直径90cm以上は6×6cm角

折りたたみのコマは木製。

テーパー脚 一覧はこちら

テーパー脚
太鼓脚(たいこあし)

正方形の一辺が膨らんだ太鼓型。 上から下まで同じ太さで、どっしりとした印象です。安定感があります。
太さは6×6cm
脚裏は太鼓型。

太鼓脚 一覧はこちら

太鼓脚
猫脚(ねこあし)

猫の足の様なイメージの「猫脚」 中央部分が凹んでいて優しい弧を描いています。
独特のデザインは根強い人気。
コマは木製。
太さは一番太いところで6×6cm
天板80φcm以下は5×5cm。

猫脚 一覧はこちら

猫脚脚
かまぼこ脚(KM脚)

太鼓脚を細くしたようなかまぼこ脚。断面がかまぼこのような形なのでこの名前になりました。
太さは6×4cm。
上から下まで同じ太さです。

TR脚 一覧はこちら

かまぼこ脚
TR脚(テーパーラウンド脚)

テーパー脚と太鼓脚を足して二で割ったようなデザイン。
スッキリとしていながら安定感があり、また外観は他の脚よりも本よく見え、女性らしい雰囲気。
太さは
一番太いところが6×6cm
一番細いところが4×4cm
脚裏は太鼓型。

かまぼこ脚 一覧はこちら

テーパーラウンド脚
ST脚(ストレート脚)

長方形のまっすぐな脚です。
上から下まで同じ太さで、角ばったイメージ。
スッキリとした印象です。
太さは6×4.5cm
脚裏は長方形。

ST脚 一覧はこちら

ST脚
てり脚

テーパー脚とは逆に、裾に向かって広がっていくデザイン。
高級感があります。
太さは
上部5.5×5.5cm
下部8×8cm
脚裏は正方形。

てり脚 一覧はこちら

てり脚
扇脚

TR脚に形が似ている扇脚。
太鼓脚よりもすっきりとした印象です。
こたつの脱着可能固定脚に使われます。
雰囲気良く仕上がっています。

扇脚 一覧はこちら

扇脚
継ぎ脚(つぎあし)

脚の下から5cm程度を切り離し、脚と切り離した部分を脱着できるよう加工した脚。
こたつの脚によく使われる。
ボルトで簡単に高さ変更ができるようになっています。

継ぎ脚