現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

■無垢について

無垢材は長い年月を経過しても耐えられるよう、家具になる前に4~8ケ月乾燥されます。

無垢材はまず天日で乾燥されます。乾燥される期間は無垢材の厚さにより異なりますが、久遠で使われる無垢材は6ケ月以上乾燥され、含水率を数パーセントまで下げます。 これにより胴管(木の中の水の通る道)が細くなり無垢材の密度を高めます。

次に乾燥室に移され、熱により乾燥されます。熱により加熱されることで木の中にいる虫を除去します。 その後、数パーセントになった含水率を十数パーセントまで戻します。数パーセントのままですと無垢材の収縮率が大きく、家具には適さない無垢材となってしまいます。 含水率を十数パーセントまで戻すことにより、無垢材の伸縮率は1パーセント程度となります。とても重要な工程です。

■芽生で扱う木地の紹介と特徴

芽衣で扱う木地はヤマザクラクリナラタモウォールナットがあります。 


ヤマザクラ

山桜は反りや、狂いなども少なく強度もあります。
加工性が高く磨くと艶のある滑らかで美しい光沢が出る木肌が特徴でもあり、
赤みのある木色は同じ木でも木自体の色の濃さは違います。
手触りは滑らかでいつまでも触っていたくなるような心地よさを感じることでしょう。

クリ材等に比べると重さはありますが、堅く、しっかりとした無垢材です。
一つの木でも、濃い所ものから薄いものまで、とても色の変化に富んでいるのが特徴です。
そのため、山桜の木を貼り合わせた時に、山桜独特のカラーの変化がでて面白い。
木目は浅く目が細かいので、主張しすぎない奥ゆかしさが魅力です。

クリ
無垢 栗 クリ

クリ材の魅力はなんといってもハッキリとした木目。
遠くからでも確認できる天板縁にまで広がったハッキリとした木目は堂々とした存在感を感じます。
木目は、柾目(比較的まっすぐな木目)と板目(タケノコ模様)がみられます。
芽生のクリのちゃぶ台は主に板目を使用しています。
クリ材は芽生の扱っている無垢材の中では一番リーズナブルな価格で、
比較的軽量な無垢材(芽生の中では)なので頻繁にテーブルを移動させたい方に向いています。

ヤマザクラ等に比べ柔らかいので、多少傷が付きやすいですが、針葉樹に比べると堅くしっかりしています。 

木目は深くはっきりしていて、小さな節が点在しているので、無垢材ならではの自然味溢れる質感を楽しむには是非お勧めしたい木の一つです。  

ほくろのような節と、傷のように見えますがこちらも節です。

ナラ
ナラ 無垢 楢

木色は美しく艶やかな黄金色をしていて優しい木目と荒々しく力強い木目のバランスがナラの特徴です。
耐久性も優れており、芽生で扱う木材の中では最も重厚感がある木材です。
(芽生ではナラ材は柾目を主に使用しています。)
また、久遠色が一番映える木材はナラ材をおススメしています。

ナラの最大の特徴・虎斑
ナラ材の柾目は美しい縞模様をつくり、 木目とは違う虎斑と呼ばれる細かい線がでます。 (トラの模様に似ているため虎斑(トラフ)と呼ばれている) 見た目で好き嫌いが別れますが、トラフの出ている部分が一番硬くて良い部材です。

タモ
タモ 無垢材

北欧風の家具の代表的な木材として人気のあるタモ材。
タモは木目の美しさが特徴的です。
木目は木の深い部分にまで入っているのできれいな木目が入った均質な木材がまとまって取ることができます。
また、堅く重厚感があり、家具に適していいる木材です。
塗装もムラになりにくく、綺麗に仕上がります。

タモは白太の女王とも呼ばれ、艶やかで神秘的な美しさを感じます。
心材部分のくすんだ褐色から辺材部分の淡い黄白色にかけての色味の変化がハッキリとした木目とマッチしとても美しい家具となります。
また、芽生では木地色以外にライトブラウン色・ダークブラウン色・久遠色がありますが、タモ材はどのカラーにもよく合い、美しく仕上がります。 

ウォールナット
ウォールナット 無垢

ウォールナットの最大の特徴は独特の濃い茶色をした木色。
雰囲気のあるシックなカラーです。
木目は比較的浅く、木肌はしっとりとしていて上品さを感じます。
使えば使うほど味が出て、歳月が経つ毎に美しさを増す木材です。
独特の色合いから、ウォールナット材のファンも多く、他の材木に比べ値段は高いですがとても人気の高い無垢材です。
ヨーロッパ家具の歴史では「ウォールナットの時代」と呼ばれるほど持て囃されてきました。
シックな色合いがお好みの方は、ウォールナットの家具で統一してみてはいかがでしょうか?

個性的で独特な、高級感のあるウォールナットのカラーは根強いファンがいるほどです。 (カラーは、重厚な紫色も感じるような黒に近い茶色です。) ウォールナット材で作られたテーブルは一台あるだけで高級感あるお部屋に演出します。

【ちょっと余談】針葉樹と広葉樹
芽生の家具は「広葉樹」の木で作られています。 広葉樹は針葉樹に比べ、比較的堅く、強度があり傷が付きにくいというのが特徴です。(但し何万種類もある広葉樹の中には柔らかく軽いものもあります。) その為広葉樹は主に、土足であがる欧米の床材や、日常的に使う事の多い家具の材料に多く使われてきました。 針葉樹に比べ、重さはありますが、重厚で傷が付きにくい物をお求めでしたら、芽生で使われている、ヤマザクラ・クリ・ナラ等の広葉樹の無垢材で作られた家具をお勧めいたします。 逆に針葉樹で作られた家具は比較的軽く、持ち運びしやすい・柔らかくソフトなイメージ、という特徴があります。 家具に使われる針葉樹としては主に、パイン材(マツ)や杉・ヒノ木などがあります。
  • ※上記、「木地の特徴グラフ」はあくまでも芽生で取り扱っている無垢材の中での比較です。
  • ※無垢材は自然のものですので、「木地の特徴グラフ」の限りではない場合がございます。